空室でお困りの家主様

「新築当時は常に満室だったのに、近頃は空室が多くて・・・」と
所有しているマンションやアパートの空室が悩みのタネのオーナー様、それには必ず次のような理由があります。

 賃料が高い
 建物が老朽化、陳腐化している
 近所の商業施設が撤退し立地の優位性がなくなった
 周りに新しい収益マンション=競合物件が多く建った  など

建物も人間と同様、年月を重ねてくると「老朽化」「陳腐化」してきます。
しかし、何もせずに定期的な診断または改善を怠れば取返しのつかないことにもなりかねません。
空室が増えてくるとつい消極的になりがちですが、上記のような症状が突然やってくるわけではありません。日々の努力が必要です。

それに伴い、時代の流行があるように時代に応じた間取り・設備などに目を向け取り入れていく必要があります。全面改装を行えば多額のお金がかかり、賃料も下げなければなりません。全面改装が良い場合もありますが、お金をかけるところはかけて、必要ないところにはとことん安く仕上げるなどコストバランスにメリハリをつけて創意工夫すれば状態を維持していけます。

でも、具体的にどうすれば・・・?というオーナー様、是非一度当社へご相談下さい!

不動産への再投資の事業計画作成、そして金融機関との折衝やファイナンスのコーディネートまで一括して承ります。

空室でお困りの案件を新たな住まいとして再生(リノベーション)し、単なるリフォームではなく、物件自体の仕様・用途や生活機能を改修し住宅性能を向上させ、その物件の価値を高めます。

実際に当社収益マンションにおいてのリノベーションの実績もございます。

また、オーナー様には入居の有無にかかわらず一定の賃料が保証され、空室リスクが減り安心できる賃料保証(サブリース)契約の他、一般の管理業務も行っております。

ハード面はもちろんソフト面にも実績と経験を活かし、満室を目指したトータル的なご提案をさせていただきます。