ウッドショック!!

なぜかメディアではあまり取り上げられない『ウッドショック』

現在、住宅業界、不動産業界では大問題になっております。住宅木材不足と価格の上昇です。中には、材料不足による住宅着工の遅れや、これまでのスットクを使い果たした夏場以降の目途が立たないといった声も聞こえてきます。

大きな原因としては、アメリカの金融政策とテレワークなどで在宅時間が増えた為に、都市近郊から郊外の戸建て住宅の需要が急激に高まり世界の木材がアメリカに流れているというわけです。それに加え、一足先にコロナ渦からの回復を見せている中国で木材の需要が高まり、大量に流れているという事です。

もう一つの原因はコンテナ不足です。輸入される木材はコンテナに乗せて輸送されるのですが、そのコンテナが不足している上にコロナ渦における船便の減少です。

日本に木材が不足し、価格が上昇している原因は大きくこの二点だということですが、一時的に起こっていることなら、じっと待つ選択をしますが、日本が貿易相手国としての優先順位が下がってきている状況にあるようです。ほかの国に売るから日本じゃなくていいという現実。どうか長期化しないようにと願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語の含まれない投稿はできません