久々の不良債権・破産物件です。

不動産仲介業者様から1棟マンションの売却物件をご紹介いただきまして、弊社のエリア内であり利回りが高いので購入検討いたしました。謄本をみると静岡県に本店を置く話題のS銀行の抵当権が3つも付いている管財物件でした。(管財物件とは債務者が破産手続きをするために裁判所から任命された弁護士が管理する物件のことです。)結果的に購入は見送りましたが、私の予想よりも意外に早く市場に出回ってきたという感想ですね。融資申し込みの際のエビデンス改ざんなど、社会問題となりつつある訳ですが、集団訴訟や救済措置などの動きを待てずに破産手続きを選択される方も多く出てくるのではないでしょうか。「風雲急を告げる」と感じているのは私だけでしょうか。

カテゴリー: ご案内   パーマリンク

コメントを残す





*

日本語の含まれない投稿はできません